いざというときに役に立つ防災グッズはこれだ!

>

実際に命や生活を守ってくれた防災グッズとは

災害予防・発生時には情報が大きな力になる

災害に限ることではありませんが、情報は非常に大事です。自分の住んでいる地域に災害が迫ってきたら、その情報があなたの生命を救ってくれる場合だってあるのですから。
そういうわけで、スマホには事前に防災アプリをインストールしておきましょう。居住地域などに設定しておけば、必要な情報だけ緊急時に配信してくれます。最初に用意しておくべき防災グッズは防災アプリです。Yahoo!JAPANにも防災アプリは用意されていますので、インストールしておくことをおすすめします。
スマホがない方は、携帯のラジオを用意しておくと良いです。電池のチェックは定期的にしておいてください。いざという時に電池切れでは、目も当てられません。
繰り返しますが、災害時は情報が頼りになります。正しい情報は予防にもなり得ますし、それに合わせて迅速な行動を取れば、生命危険のリスクもだいぶ軽減できることでしょう。

倒壊予防と安全な避難経路の確保が命を防ぐ

地震発生時に最も気を付けなければならないことってご存知でしょうか?それは家屋や家具の倒壊による下敷きと割れたガラスの破片による裂傷です。
大地震発生時の揺れというものは想像を絶するものです。こんな重いタンスが倒れるの?というものも平気で倒れてきます。割れたガラスの破片だって、避難時、裸足でそんなところを通れば、どうなってしまうかは目を見るより明らかです。
実際、先の熊本大地震による死因の多くは家屋倒壊や家具による圧死だったそうです。ですので、そういったリスクを少しでも軽減するために、家具の倒壊予防に使うつっかえ棒で家具倒壊リスクを軽減させたり、ヘルメット、靴下、底厚のスニーカー、懐中電灯などの安全な避難経路を確保するために必要な防災グッズは用意しておかなければなりません。
それがあなたの命を守ることになるのですから。


この記事をシェアする