過去の事例から学ぶ、あってよかった防災グッズ

いざというときに役に立つ防災グッズはこれだ!

実際に命や生活を守ってくれた防災グッズとは

災害が迫ってくるときや発生時には、被災の予防や安全の確保が急務になります。 その場を離れ速やかにより安全な場所へ避難しなければならないし、生命の危機に晒された場合には身を守る行動を取る必要があります。 そんなときに役に立ってくれる防災グッズをご紹介したいと思います。

避難時に生命を守るための防災グッズ

我が国日本は自然災害大国といえます。毎年のように台風や集中豪雨による水害がありますし、数年に一度は日本のどこかで大地震が発生します。
その意味では、日本には安全な場所などないのかもしれません。あなたが生活している地域が、これまで大きな災害が起こっていないからといって、これからもやって来ない保障などどこにもないのです。
そんな災害の時に役に立つのが「防災グッズ」です。グッズというと、どこか玩具的なものを想像しがちですが、実際は被災者の命や生活を守ってくれるものです。
「防災グッズなんて実際に役に立つの?」と、その効果に疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。おっしゃる通り、防災グッズと謳っているもののすべてが役に立つとは限りません。中には役に立たないものもあると思います。しかし、実際に役に立つ防災グッズも存在するのです。
例えば、地震発生時に命を守ってくれる防災グッズはありますし、避難の手助けをしてくれるものもあります。
災害が発生すると、周辺のインフラが破壊されライフラインがストップしてしまうことがあります。そうなると生活がままならなくなりますが、そのようなときに役立つ防災グッズはあります。避難生活を余儀なくされると、そのようなときに強い力になってくれる防災グッズも存在します。
このサイトは、過去の自然災害の事例から、実際に役に立った防災グッズをご紹介しています。
繰り返しますが、あなたの住んでいる地域に大きな災害が降りかからない保障はどこにもないのです。備えあれば憂いなし。万が一の事態に、「あって良かった…」と思えるグッズをあなたも準備しておくことをおすすめします。

避難所生活を乗り切るために必要なもの

何とか無事に避難できれば、そのあとは慣れない避難所生活が始まることでしょう。 プランバシーの制限や居住空間の不自由さ、将来への不安など、何かとストレスの溜まる避難所生活だと思います。 そんなストレスを少しでも軽減して不自由な避難生活を乗り越えることができるよう、必要な防災グッズをご紹介します。

長期の避難生活を少しでも快適に過ごすために

避難生活も3日ぐらいで終えることができるのならなんとか乗り越えられそうですが、それ以上になると、十分長期の避難生活と言え、なんともウンザリしてしまいます。 なるべく早く新しい生活をスタートさせたいところですが、4日以上の避難生活に堪えるべく、少しでも負担を軽減してくれる防災グッズをご紹介します。